内耳の不具合と精神的な不安をサポート!メニエール病のツライ症状はムリはしないで病院へ

病院

予防が可能な病気

女性

早く専門医へ

脳梗塞の症状は手や足、言葉や目の障害が突然に起こることが特徴になっています。ほかの病気のように徐々に悪化していくという経過は伴いません。また手足や目の症状は片方だけというように片側のほうに生じやすくなっているのが特徴になっています。このような症状がでたときには、すぐに神経内科か脳神経外科がある病院へ一刻も早くいって診察を受けることが大切です。発症してしまってから短時間のうちに受診すれば血栓溶解療法という詰まってしまった血栓を溶かす療法を行うことが可能になります。この治療方法は発症してから3時間以内に行う必要があります。倒れたことにすぐ気付いて病院に運んでこの療法を使って治療を行って、社会復帰した人はたくさんいます。

生活習慣を見直して

脳梗塞は予防が可能になっている病気です。脳梗塞を発症してしまう危険因子をよく理解して、それをもとに生活習慣を改良してみたり、服薬を行うことによりしっかりと自分の体を管理すれば十分に予防が可能な病気になっています。高血圧や糖尿病、高脂血症に注意をして煙草を吸っている人は禁煙を行い、アルコールの量も減らして運動を行ったりストレスをためない生活をすることを心がければ、十分に予防が可能です。また心臓の不整脈がある人は血栓が心臓内にできやすくなるために、その治療を心がけることが大切です。生活習慣の改善を行うことで脳梗塞は予防ができる病気です。普段から意識をして生活していれば脳梗塞は治る、防げる病気になってきます。