内耳の不具合と精神的な不安をサポート!メニエール病のツライ症状はムリはしないで病院へ

病院

大腸と小腸の病気の治療

看護師

消化器科の豆知識

消化器科の病院では、胃や大腸、小腸などの消化器系の病気の専門治療が受けられる。消化器科の病院には消化器内科と消化器外科があり、消化器内科では薬物療法や内視鏡的切除などで腸閉塞などの消化器の病気を治療する。消化器外科では外科手術によって、腸閉塞や大腸がんなどの病気の治療を行う。消化器内科から患者が回されることも多く、消化器内科の医師と協力して治療にあたる。消化器内科と消化器外科の診療科目は、大学病院や総合病院に設置されていることが多い。消化器科で治療ができる腸の病気には、腸閉塞や潰瘍性大腸炎、大腸がんなどがある。腸閉塞や大腸がんの患者は外科手術が行われるケースが多く、大腸がんは早期発見できると完全に治すことが可能である。

大腸と小腸の病気の注意点

大腸と小腸の病気の多くは、下腹部に痛みが生じることが特徴である。下腹部に激痛が走ったり、血便が出るような症状がある場合は、速やかに消化器科の病院を受診する必要がある。腸閉塞は下腹部に激痛が走るので直ぐにわかるが、大腸がんは初期段階では自覚症状はほとんどない。大腸がんは進行すると死に至るので、十分な注意が必要である。大腸がんを早期発見するには、定期的に消化器科で検診を受けることが大切になる。消化器科の病院は最先端の医療機器を完備しており、内視鏡などを使用して、大腸や小腸の病気を早期発見することができる。病巣が小さい場合には外科手術を行わず、内視鏡的切除で大腸がんなどの病気を治療することが可能である。