内耳の不具合と精神的な不安をサポート!メニエール病のツライ症状はムリはしないで病院へ

病院

めまいは早期に治療しよう

医者

塩分を控えて予防しよう

突然に回転するようなめまいが生じる病気にメニエール病があります。めまいは数十分から数時間続いた後、症状か緩和されていきます。めまいと共に耳が塞がれたような閉塞感や耳鳴りが生じる事が多く、めまいが治まると難聴も落ち着いていきます。人により繰り返しめまい発作が起きて、めまいが治っても難聴や耳鳴りだけ残ってしまうこともあるので、早期の治療が大切です。よく発症する世代は30代から50代で、比較的女性に多く発症します。日頃から不規則な生活習慣が長く続いたりストレスの溜まる環境にいると、メニエール病が発症する確率が高くなります。適度な運動や規則正しい食生活を心掛け、塩分を過剰に摂取しないように気を付けましょう。

むくみを解消させる治療法

メニエール病の発症は、内耳周辺にある内リンパの流れが悪くなる内リンパ水腫が原因の一つといわれています。塩分の過剰摂取や内耳の血流が悪くなることで、内リンパがむくみ、周辺のバランス感覚を司る三半規管や蝸牛、前庭神経に影響を与えます。治療にはめまいからくる吐き気を抑えるために抗めまい薬や吐き気止めを使用します。めまいが治まってから、むくみを改善させるために利尿薬を投与します。利尿薬は体内の余分な水分を排泄させ、内リンパ水腫を改善させます。また、血管拡張剤や血流を改善させる循環改善薬、自律神経調整薬を使用し、内耳の不具合と精神的な不安をサポートしていきます。早期に薬物治療を行うことでメニエール病は改善しやすくなります。

大腸と小腸の病気の治療

看護師

消化器内科や消化器外科の病院では、腸閉塞や大腸がんなどの腸の病気の治療を行っている。消化器科の病院には、内視鏡などの最先端の医療機器が完備しており、外科手術をせずに大腸がんなどを治療することができる。

View Detail

ホルモン補充療法

花

更年期障害を治療するためには、内科での「ホルモン補充療法」が効果的です。また生活改善をして、日常的にホルモンバランスを整える栄養素を摂取することも大切です。女性であれば大豆イソフラボン、男性は納豆やメカブなどの食品、特にフコイダンを摂取すると効果が高いでしょう。

View Detail

予防が可能な病気

女性

脳梗塞は危険因子を理解して、意識して生活をしていれば防げる病気です。生活習慣を改善してみることも大切です。発症してしまったときは3時間以内であれば、血栓溶解療法で治療が可能になっている病気ですから一刻も早く専門医の受診が必要です。

View Detail